木の香りで包み、優しい空間を作るルーバー(パーテーション)家具

木造ではない建物内にほのかな杉・ヒノキの香りを提供する、香る空間家具。

木の香りを最大限、漂わせるために表面処理をおこなわないため自然木の香りをいつでも楽しむことができます。
ルーバーには木材を使用し、柱のスチールには当社独自の製造ノウハウを詰め込んでいます。

パーテーションにルーバーを使用することで適度な開放感とスクリーン機能があり
オフィス、工場などいろいろなシーンでの使用により快適で心地よい空間・オフィスづくり、作業環境の改善をご提供いたします。

組立はドライバー1本で可能。オプションパーツをを取り付けることにより様々な家具展開が可能です。

杉・桧の香りから得られる
癒し、安心感、優しさを提供。

通常は表面処理を行う木材ですが、香りを最大限残すために塗装は行わないので
建築物が木造でなくても自然木のほのかな香りを常に楽しむことができます。

杉、桧にはアロマにも使用されるように脳の疲れを回復させ、
活性化させる効果があるといわれています。

オフィス、工場など色々なシーンでの使用により快適で心地よい空間づくり、
オフィスづくり、作業環境の改善をお手伝い致します。

  • FEATURE
  • FEATURE

鉄×木のハイブリッド家具。
シンプルで素朴なデザイン、組立も簡単。

スチールの剛性と木材の温かみを併せ持ったハイブリッド家具。

国産の天然木で構成されたルーバーはその素材の持つ優しい表情と、
水平基調によって視覚的な安心感を醸し出します。

圧迫感のないルーバーで優しく空間を間仕切ります。組立はドライバー1本で可能。
連結及びレイアウト変更も簡単で人の動線、視線の操作が容易です。

多様な家具の展開も可能。

ルーバーにオプションパーツを取り付けることにより
様々な家具展開が可能です。

シェルフ、フック、モニターハンガー、パンフレット立てなど
パーテーションに+αの機能が付きます。

STORY

開発者の想い

日常の暮らしの中でふとしたきっかけで、ワクワクと楽しい気分になったり、切ない思いを思い出して悲しくなったり、
心が落ち着きゆったりとした気分になったり、逆に危険を感じるなどそわそわと落ち着かなくなったりすることがよくあります。

そのふとしたきっかけというのが日常あらゆるところに漂う「香り」をかいだときです。人よりかなり鼻が利くこともあり、
無意識に近い非常にうっすらとした感覚的なことのほうが多いのですが、その場その場で微妙に心が動いてしまいます。
調べると臭覚は五感の中でも最も強く人間の生存に関わる感覚で、記憶や感情と深く結びついているようで、
人間の理性ではコントロールできない感情の起伏や、記憶を促す特性があるようです。

「香る空間家具」はそんな香りに囚われている開発者が、「香り」にこだわり開発した木×鉄のhybridな家具です。
より自然に近い形でかすかな木の香りを、癒しを提供すべく国産の桧材、杉材を無塗装で使用しています。

オフィス空間、工場内に自然の香りを提供し、本能に近い脳の奥に働きかける素敵な職場環境づくりに貢献できれば幸いです。

material

全て国産材を使用。
杉材に関しては主として大分県産の球磨(クマ)杉を使用しています。
通常の乾燥法は原木を山から切り倒し、その原木を製材し、板状にしたものを乾燥します。
香る空間家具では原木のまま乾燥し、その後、製材する特殊な方法で木材を乾燥させており、香りを少しでも長く感じていただけるように工夫しています。表面処理に関しても香りを残すために無塗装でご提供します。

当社は大型ショッピングセンターや、大手ハウスメーカー、建材メーカーに陳列台、家具などで長年お取引いただいている実績があります。
香る空間家具の構造骨格となる自社製の鉄パイプはこれらの商品と同じ品質基準で管理されたものが使用されています。鉄パイプはその形状から加工難度が高く、ここに当社独自の加工技術が活かされています。